性感エステ記録

某ビデボ 16時間耐久修行(1)

某週末、ビデボにお泊まりした。家人不在につき、夜がフリーになるという年に1度あるかないかの大イベント。

おまけに金曜日。心躍るとはこのことか。
しかし夢のような夜を迎えることができるかどうかはその日の収穫次第だ。その数日前に見事にゼロを記録しているので一瞬不安がよぎる。
(とある日の収穫ゼロの模様をレポートしたお話はこちら)
聖地ビデボ。収穫ゼロ(1)

「某草」という選択もあったが、やはりアナルは突(つつ)かれるより突(つつ)くほうがいい。取れ高ゼロというリスクはあるが、ビデボ抜きすることにした。

聖地方面にしようと思ったのだけども、少し場所をずらして上野方面のビデボにした。どちらかというと、上野のほうが好きなのだ。それに地理的にも聖地に近いし掲示板もまあまあ賑わっている。

17:30。会社終わり。長丁場になるから駅のスタンドお蕎麦屋さんで腹ごしらえ。近くの薬局で消耗品購入、コンビニで食料飲み物少々仕込んで入店。まだ帰宅の時間ではないが、店内はスーツのおじさま方多数。みなさま目を皿のようにしてDVDを物色している。熱気が伝わってくる。

適当に6本カゴに入れて受付へ。泊まりのコースを聞いてみると、18:00から、明日の10:00まで滞在して2,700円というコースがあるという。16時間でこのお値段。ホテルに泊まるより絶対こっちだ。フルフラット部屋をゲット。



とりあえず、一日の疲れをとるべく、シャワー。やっぱり時間が長いとゆったりできる。いつも急き立てられるようにして過ごすが、今日は心持ちが全く違う。

大好きな「初撮りドキュメント」シリーズを垂れ流してメイク。時間が長いから塗りたくった。妖怪人間みたくなったが、部屋を暗くすれば大丈夫であろう。

メイクしながら掲示板投げ込み。今日はタブレットとキーボード持ってきた。スマホでいちいちコマコマ文字打つの嫌だからちょっと重いけど持参した。

立て続けに反応あり。おおぉぉぉ、投げ込みから15分ほどで5件。すごい!さすが週末っ!まあ、そのうち3件は一言メールだがまずまずの滑り出し。

1本目。30代後半、既婚会社員。品川から横浜まで帰るところ逆流して来てくれた。

でっぷり、毛むくじゃら、皮かむりちんぽ。胸毛も足も毛だらけ。はっきり言って荒川ドストライク体型。毛に覆われたボンと出たお腹がすごくよい。たぬきッ腹というやつだ。

2週間くらい出していないということ。さっきまで皮被っていたけど、四つん這いにして下から覗き込むと、ありえんばかりにおっきしてるw。

毛にびっしり覆われた肛門みながらシコシコしたら、あっ、という間にイッてしまう。というか明らかにわたしの調整不足w。全裸にして5分と経っていない。
もう1回しましょうか、と提案したけど2回はできないということでそそくさと退出される。

セッションしてる間にもメール入ってるじゃん。スマホのバイブが何回か鳴っているのは気が付いたけどこんなにも反応がいいなんて夢のようだ。。。

(つづく)
前立腺バイブ 究極対決

-性感エステ記録
-

Copyright© Salon de Shigeko , 2022 All Rights Reserved.