性感エステ記録

真性童貞Nくん(3)

まさにラブホといった外観。Nくんちょっと震えてね?
子供の手を引くように引っ張り込んだ。

金は折半した。本当はわたしが全部払ってやるべきだけども、わたしも今や落ちに落ちて底辺労働者だ。缶コーヒー1本買うのにも躊躇する体たらくだ。Nくんは全額持ってもいいと言ったが意地でも半分払った。

ホテルの受付もNくんにとっては始めての経験だ。

さて、お部屋でアナルほじってあげよう。そして、最近推しの新技術、「素股」もやってあげようかな、めっちゃ楽しみだ♪

(前回までのお話はこちら)
真性童貞Nくん(1)
真性童貞Nくん(2)

荒川チョイス

お部屋へ入ってNくんを待機させて改めてメイクした。必要最低限のメイクしかしてなかったからだ。

衣装はいつものマイクロビキニにした。

部屋の化粧台でNくんに見えるようにメイクとお着替えをした。

さあ、脱がせてほじる。早く童貞ちんぽと対面したかった。

スーツをもぎ取った。パンツは意外とブランド物のカッコいいボクサーブリーフだった。

ちんぽがカチコチになっているのはパンツのフォルムからわかった。

ズリンとパンツひん剥いた。ブリンブリンとしなるように童貞ちんぽが飛び出てきた。こいつぁ、持ち主と違って活きが良い。

細い鋼棒、これしか言いようがない。ズリムケ。棒と亀頭との太さ比(棒亀頭比)は小さい。ということは、カリ首が飛び出ていない事を意味する。


フェラチオしたかったけどやめておいた。性病予防もあるが、これも純女にやってもらう方がよかろう。

まずは、風呂。必殺「ちんぽ手繋ぎ」で引っ張っていった。ちんぽ洗いしてあげた。

浴槽の中で壁に向かって手を突かせ、お尻を突き出させた。

ケツは小さく、痩せてるいるからゴツゴツしている。

臀部を割ってよく見てあげた。黒い梅干しみたいなアナルだ。ヒクヒクしている。

や、や、やはり恥ずかしいですね、こ、こんなの初めてで、どうすればいい、、、うっ!

Nくんが何か言い出した途中で手を前に回してちんぽスコスコしてあげたら壁に顔つけて悶えはじめた。

すぐイッてしまうだろうからすぐ手を止めた。

持ってきた泡立てネットで泡洗いしてあげた。

Nくんは壁に顔つけてハアハア悶(もだ)えた。ごくごく軽くちんぽ摩ったり手を離したりしてイカないように調整した(地味に寸止めしたw)。

左手は泡ちんぽ洗いしてるんだけども、その間、右手ではアナル侵攻作戦が進んでいることは勘のいい読者ならわかっていたかと思う。


指と言えども初めての異物だから、慎重を極める。そこはプロだから抜かりはない。

1ミリの半分くらいを少しずつ侵攻していく。Nくんの呼吸に合わせて指を突き上げていけば、それほど力技で入れなくともよい。柔道の原理だ。

人差し指の第一関節まで入ったらあとはスルッ、っと根元まで吸い込まれた。これでめでたく指貫通。異物感はあるようだが、少なくとも痛みはないだろう。

がぐぐぐっ、、、がっ、

壁を叩くように悶(もだ)えている。堪え難い苦しみかもしれないw。

イキそうになったらちんぽからパッ、と手を離して乳首の方に移動した。

肛門に突き立てられた右手人差し指を支点にして完全にわたしがNくんを支配している。

い、あ、あ、ま、まことにい、い、、、遺憾ですが、も、、もうが、がまんでき、、、ま、、せん、、、

一回出してしまうことにした。

乳首とちんぽ行ったり来たりしてる左手をちんぽ専用にした。極々軽くスコスコした。強くしなくても大丈夫だ。

ビュッ、ビュッ、ビュッ、、

Nくん、浴室の壁に向かってぶっ放した。

ビクンビクンとちんぽがしなった。

あああ、いつも思うけどこの瞬間がいいのだ。わたしは軽く射精フェチだ。

これがNくんにとって、初めての人を介した射精となったのだ。

ある意味童貞卒業よりも尊いかもしれない。アナルほじられながらイッてしまったのだから。

改めてちんぽ洗ってあげた。

まさかこれで終わりなんて言わないよね?まだ出せるよね?

と聞くと、ハイお願いしたいと存じます、みたいな役人言葉が返ってきた。。。

(つづく)
アダルトブログランキングへ


-性感エステ記録
-, ,

Copyright© Salon de Shigeko , 2022 All Rights Reserved.