性感エステ記録

真性童貞Nくん(2)

わたしにできる事は、アナルを突(つ)っつく事だ。最近覚えた素股というやつで、それなりに「おセックス」に近い事もできる。その事をまず彼に伝えた。

ただし、甘〜い、いちごに練乳かけたような思い出には絶対ならない、むしろトラウマになるw、ということも伝えた。

それでもいいです、という返事が来た。後先考えてない、というか破れかぶれ感は半端ない。しかし彼も立派な大人だからその辺は自己責任ということにした。

(前回までのお話はこちら)
真性童貞Nくん(1)


ド平日の夕方。

Nくんの勤務地に比較的近い某宮に呼び出しかけた。ラブホテルでアナルほじってあげることにしたのだ♪

ラブホテルは、別々に入ることができるだが、一緒に入ってあげることにした。なんだったら予約もわたしの方でした。なんで赤の他人で一童貞のためにここまでしないといかんの? と思われるかもしれない。

それは、DMやりとりしてると彼は全くツルツルテンのチェリーボーイだということ。ラブホテルなんて見果てぬ世界だ。そもそも今まで女性とお付き合いすらした事がないし、何ならお母さん以外の女性とまともな会話をした事がないというのだ。

だから手取足取り系の指導をしなければならないのだ。

まあ、これもより良い世の中を作るためのご奉公みたいなものだと思った、というのが、表の本音だけ。本心ではせっかく向こうからやってきた童貞くんを逃したくない、という思いもあったことも併せて記しておくw。




さて、某宮駅出たマ○ド○ルドのとこで待ち合わせした。

会社が終わってネットカフェで軽く女装仕込んだ。ウイッグ被っただけの最低限の装備。マスクにフードでほぼほぼ人格が消える。室外女装は数年ぶりだ。ムチャクチャ緊張とドキドキ感が止まらなかった。

時間通りにNくん登場。パッと見、ああ、童貞でもおかしくないや、と思った。

痩せて、おかっぱの髪型、メガネと紺のよれたスーツ。こうむい〜んというのもわかる。腕に黒いカバーみたいなの着けて仕事している姿が頭によぎる、みたいな。明らかに周りの28歳とは異なる雰囲気だ。

でもいいじゃないか、みんな違ってそれでいい。

は、はじめまして、Nです。今回は、ご教示お願いいたします。。。

ご、ごきょうじ!?

お堅い、、、w。

ホテルにまで歩きながらお話した。

彼はFランの大学(自己申告)を出た後、派遣社員で期間工を一年経た後、某市に採用になった。

大学では、周りがサークルやバイトでヤリチンヤリマンだらけの環境の中、ぼっちで寂しく過ごしたそうだ。

華々しく期間工デビューしたが、流れ作業に外国人男性ばかりの仕事に発狂。一念発起して勉強してこうむい〜んになった。

市役所で控え目でおしとやかな女性との出会いを夢見たが、市の水門だか、なんだかの管理部署に配属になったため、またまた流れ作業的な仕事でしかもおじさんばかりの職場配置になった。またまた発狂しそうな毎日だという。

人生イロイロだね、なんて話してたらホテルに着いた。。。

(つづく)

荒川チョイス

アダルトブログランキングへ

-性感エステ記録
-, ,

Copyright© Salon de Shigeko , 2022 All Rights Reserved.