性感エステ記録

一年半ぶりに純男さんのアナル突(つつ)いてきました(1)

会社帰りにリピーターさん(純男)のアナル突いてきた。

某感染症予防のため、派手にはできないけど、ある程度リスクを取っていくことにした。

以下のような方でご希望の方と都合が合えば突かせもらいます。
・何度かリピートしてくれている方
・某感染症や性感染症に対して敏感な方

今回は、度々連絡をもらっていたBさん。前回のブログを読んでくださり再度ご応募いただきました。

荒川チョイス

ドライオーガズムを目指せ!
ANEROS PROGASM BK (アネロス プロガスム 黒)
ANEROS PROGASM BK (アネロス プロガスム 黒)

Bさんにお会いするのは、今回で5~6回目くらいになります。

20代後半、ガテン系ですが、細身で見た目は爽やかでモダンな青年です。髪もサラサラでカラーリングなんかしちゃったりして。一見、韓流に見えなくもない。

ノンケ(今はストレートというのかしら?)さんですが、アナニーしていたことからわたしのブログに行き着いた、という方です。

だから、「僕はゲイじゃないんです」が口癖です。ガチゲイの前立腺マッサージに行こうかどうしようか迷っているところに、わたしのブログを発見して出会いに至ります。

まあ、ゲイであろうと、女装であろうとやってる事は全く同じなのですが、彼の中ではそういう線引きがあるようです。女装してる人にやられる分には、ちょっとだけ罪悪感が薄まるのでしょうかw。

Bさんは、自称「ドライオーガズム」会得者です。わたしとのセッション中も何度かドライが訪れました。ドライでイッて、そして手コキで射精する、という夢のような事ができてしまいます。
今回はドライできるのでしょうか。



さて、待ち合わせしたのは御徒町のビデボ。

ホテルの方がよかったのです。Bさん結構素敵な(大きな)鳴き声です。ビデボって完全防音ってなってるけど実際はハリボテ感半端ありません。

Bさんは外で店員の気配がしても構わず泣いてしまう性質があり、突いてるこっちが恥ずかしくなってきますw。

ビデボは、声を押し殺して楽しむ「ワビサビ」がわかる人向けなのです。

ですからホテルの方がよかったのすが、段取りが大変なのと、コスト面からビデボになりました。

17時にイン。五時間コース、フラット部屋を確保をチョイス。メイク時間入れても実働は三時間くらいだけど何があるかわからないから保険をかけて長めの時間設定にしています。

待ち合わせの17時50分には(手抜き)のメイク完了。ビデボの良いところは、暗いこと。メイクは手抜きしても罪悪感がないw。

今回の衣装は白のマイクロビキニにしました。

Bさんの好きな初物熟女シリーズをBGM代わりにセット。Bさんは既に到着しているとの入電あり。ご自身で下処理してから入室するとの事。

18時05分、Bさん入室。久々の再開。一年以上ぶりかな。某クロずくめの服。モロ今風。ガテンだからニッカポッカで仕事して現場で着替えているそうだ。

服を脱がせながら雑談。なんと、飲食に転職したら某感染症が流行りだし、結局またガテンに戻ったのだという。そして、なんと結婚したのだという。結婚してからアナニーやるわけにもいかず、悶々としてるのだとか。

人生今からだね、なんて話してる頃には、ボクサーブリーフ脱がしてた。細身だがすごい勃ちっぷり。ブリン、となって飛び出てきた。

やはりガテンだ。身体がしまっている。鍛えている身体とは明らかに違う。仕事を積み重ねて出来上がった身体。めっちゃカッコいい。

靴下とマスク以外は全裸状態。マスクはこの状態ではもはや必要ないかもだけど、お願いした。わたしの方がエステな都合上できないので屁のツッパリくらいにはなるかな、と思っています。

さあ、突いていきましょう!

ということで、エステ編は次回

※お相手の職業、地位、お住まいについての情報は、雰囲気を残しながら荒川の方で適当に脚色していますのでご了承ください。貴方の秘密は完全厳守。それが荒川のエステ道です。
安心してご依頼ください。
(当然ですが、ブログ掲載の許可を頂いております)

-性感エステ記録
-

Copyright© Salon de Shigeko , 2022 All Rights Reserved.